SDS SHODENSHA 省電舎

business-renewable/再生可能エネルギー事業

再生可能エネルギー(Renewable Energy)とは、石炭や石油などの有限な資源である化石燃料に対し、太陽光、水力、風力やバイオマスなど、利用しても枯渇しないエネルギーです。地球温暖化が世界的な問題となっている今、再生可能エネルギーは、今までの化石燃料に代わるクリーンなエネルギーとして、急速に普及させる必要があります。

当社グループは、いま、様々な事業シーンで、再生可能エネルギーの導入、設計、施工を一貫して請け負っています。

EPC/EPC事業

EPC事業とは、Engineering Procurement Construction (設備一括請負契約による事業)の略です。
当社では、創業来の経験値を活かし、再生可能エネルギー設備の設計・調達・施工を総括して請い、
導入いたします。

SOLAR/ソーラー

太陽光発電は再生可能エネルギーにおいて最もポピュラーな自然エネルギーの活用方法であります。弊社はその設置場所における最適な発電をご提案し、設計・調達・施工を行い、お客様のニーズに合った設備導入を行います。

近年、当社の再生可能エネルギー発電設備は、クライアント施設内に太陽光発電設備を設置し、自家設備で消費する電力を発電する「自家消費型発電設備」を中心に展開しています。主にクライアント施設の屋根上などの遊休スペースを活用し、発電設備を設置しています。

BIOGAS PLANT/バイオガスプラント

人が豊かに生活していく過程からは、相当量の有機性廃棄物が発生しています。食品工場における製造過程から生じる残渣や、各事業所・家庭から発生する廃棄物さらに農林水産業地域から発生する農業残渣や家畜糞尿などもそれに当たります。といった廃棄物と併せるとこれらの廃棄物は再生可能エネルギー資源としてバイオガス(メタンガス)化し、電気や熱へ利活用する事により、経済性の向上や事業の発展を可能とし、更には、循環型社会の形成をに寄与する事ができます。

また、昨今廃棄物処理コストは、食品リサイクル法等の規制強化により、年々上昇する傾向にあります。

バイオガスプラントは再生可能エネルギーの活用だけでなく各事業会社の有機性残渣の処理コストにおける課題解決策としても有効な施策であります。

BIOMASS/バイオマス

木質系バイオマス発電は森林未利用材、間伐材やPKS等のバイオマス資源から発電し、売電する事業であります。バイオマス発電は24時間稼動が可能であり、安定した電源として固定価格買取制度を活用した事業モデルであります。

バイオマス燃料供給事業

既設の発電所向けにバイオマス燃料を供給いたします。