SDS SHODENSHA 省電舎

company-message/ご挨拶

省エネルギー事業から、創エネルギー事業へ

我々省電舎グループは、循環型社会の実現を目指し、
再生可能エネルギーの可能性を追求して参ります。

長年にわたり省エネルギー事業を推進しておりましたが、
我が国におけるエネルギー環境の大きな変革を経て、
安全かつクリーンな再生可能エネルギーの活用が急拡大しております。

先進諸外国と比較した我が国における再生可能エネルギーによる発電量は
圧倒的に少なく、政策的にも既存の発電から再生可能エネルギーによる
発電へのパラダイムシフトがおこっています。

固定価格買取制度の導入により、再生可能エネルギーマーケットが拡大する中、
再生可能エネルギー事業の本格的な展開を軌道に乗せるために、
当社は将来的に安定電源となりうるバイオマス発電を中心に
事業化の可能性を模索してまいりました。

そして、バイオマスエネルギーの活用による
創エネルギー事業のFS(フィージビリティ・スタディ)を経て、
当社は、効率よくエネルギーを使用する省エネルギー事業から、
自然エネルギーを活用した新たなエネルギーを創造する
創エネルギー事業へと大きく舵をきります。

再生可能エネルギー事業における当社の主力事業である
バイオガス・プラント事業についても第1号案件が着工し、
太陽光発電設備に関しましても一定の成果を確認することができたことから、
事業推進を加速化させ、今後更なる受注につなげていく所存です。

当社はクリーンなエネルギーの安定供給を可能にすることで、
会社をより大きく成長させ株主の皆様のご期待に応えるとともに、
社会に貢献する企業を目指してまいります。